梅雨でも革のバッグを使いたい!簡単なケアで水への不安解消

バッグ

梅雨時期になると問題になるのが、水に弱い革のバッグを雨からどう守るかという点。

雨水で濡れた跡が革に残ってしまわないか、不安になりますよね。

「雨の日は使わない」と割り切ってもいいんですが、やはり長期間お気に入りのバッグと出掛けられないのは辛いもの。

しかし、そんな問題は事前の簡単なケアで解決できるんです。

バッグが雨に濡れても慌てなくて済むような、お手入れ法をご紹介しますよ。

大好きなバッグと梅雨もお出掛けできるように、是非実践して下さいね。

梅雨でも革のバッグは使える

革バッグは梅雨の時期でも使えますよ。

使えるんですが、雨に濡れた時は早めに水分を拭き取るなどの対応が必要です。

それに革の種類によっては、水の跡が残ってしまって見た目が台無しになってしまうこともあります。

そんなことにならないよう、バッグの革の種類に応じた雨対策をしましょうね。

気を付けるのは水に弱い革だけ

まず、水に弱い革というのは「植物タンニンなめし」をした革だということを知っておきましょう。

この革のバッグは、水への対策が必須です。

それに比べ、クロムなめしで加工された革は水に強いので、雨でもそこまで慎重になる必要はありません。

ちなみに植物タンニンなめしをした革でも、オイルレザーなどの油分がたっぷり含まれた革は水に強いです。

それはこのように水を弾くから。

オイルレザー 雨天

これはオイルレザーの靴ですが、水をばっちり弾いています。

バッグの目立たない箇所の革に水をつけてみて、すぐに染み込むようなら水に弱いと考えましょう。

もし水への耐性の判断に自信がない時は、購入したお店に聞くのが安心です。

そして、自分のバッグが水に弱い革で出来ている場合でもガッカリする必要はありません。

革は雨で濡れてもすぐ拭けば大事には至りませんよ。

すぐに水気を拭けない時でも、予め水対策のためのお手入れがしてあれば大丈夫です。

事前に行っておくべき手入れ

水に弱い革のバッグは、前もって水に対抗するためのお手入れをしておけば雨でも焦らずに済みます。

どんなお手入れかというと、水が革に染み込まないようにするんです。

簡単にできるお手入れ方法2つをご紹介しますので、やりやすい方で行って下さいね。

防水スプレーをかけておく

雨対策として最も有名なのが、防水スプレーを使うこと。

防水スプレーって、コレです↓

バッグに防水スプレーをかけておくことで、雨水が革についても弾いて染み込まなくしてくれます。

防水スプレーの使い方は以下の通りです。

①ホコリや汚れをなるべく落とした綺麗な革の状態で、30cmくらい放して防水スプレーをかける
②濡れた感じの革が乾くまで、自然乾燥する

※乾いたら再度、スプレーをして乾かすとより効果的。

初めてスプレーを使う革には、シミにならないか目立たない場所でテストしてから使って下さいね。

防水スプレーはバッグ以外の革製品にも使いますので、1本常備しておくと便利ですよ。

ラナパーを塗る

もう1つの方法は、ラナパーを使うやり方です。

ラナパーとは革製品や家具に使われるワックスで、蜜蝋(みつろう)から出来ています。

ラナパーはコチラ↓

撥水性を高める効果があり、汚れや水から革を守ってくれますよ。

ラナパーの使い方は以下の通りです。

①ホコリや汚れをなるべく落とした綺麗な状態の革に、ラナパーを薄く伸ばして塗る

②自然乾燥で乾くまで待つ

③優しくブラッシングしてなじませる

ラナパーは量を多く塗りすぎると革の呼吸を妨げて、革の状態を悪化させることもあります。

くれぐれも使いすぎないように。

それと、ラナパーを塗ると革の色が少し濃く変化してしまうので、今の色味を楽しみたい人は防水スプレーを使うのがおすすめです。

どちらの方法も徐々に効果が薄れていきますので、時々水弾きの状態をチェックしましょう。

革が水を弾かなくなってきたと感じたら、再度お手入れを行って下さいね。

濡れた革は保湿のお手入れを忘れずに

防水スプレーやラナパーなどで水を弾いた革は、一旦タオルで水気を拭き取るだけでOKです。

でもその日の夜か数日中には、『保湿』のお手入れをしてあげましょう。

一度濡れた革は、必要な水分や油分が抜けてしまっているんです。

だから革の乾燥が進まないうちに、早めに保湿クリームなどで水分・油分を補充してあげて下さいね。

まる子
まる子

定期的に行っている通常のお手入れ方法でOKですよ。

雨対策のグッズを活用するのもOK

防水スプレーやラナパーで対策しても、やはりバッグ自体が濡れるのには抵抗があるという人におすすめのグッズがあります。

ずばり、この『バッグ用のレインカバー』です。

これを革のバッグにかぶせればOK。

ただし、取っ手の部分だけはカバーできない物も多いので、防水スプレーなどで対策しておいて下さいね。

まとめ

梅雨時期に問題になる、革のバッグが雨に濡れることへの対策法をご紹介しました。

6月に入る頃には一度、革の保湿のお手入れと一緒に防水スプレーやラナパーを使っておくのがおすすめです。

効果は永久的ではないので、時々水を弾くかチェックを忘れずに。

また、濡れた革は早めに保湿もしてあげましょうね。

レインカバーは簡単に装着できるので、梅雨時期はバッグに1つ忍ばせておくのも良いですよ。

憂鬱になりがちな梅雨の時期も、お気に入りの革バッグと共に気分を盛り上げていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました