トムフォードの香水「タスカンレザー」煙くて甘くて男性向け

その他の革関連の話

『革』や『レザー』と名前のつくものには、アンテナが反応してしまう私。

今回はトムフォード(TOM FORD)の香水の中に、「タスカンレザー」という革の名が入ったものを発見!

早速、どんな香りか確かめに行ってきました。

果たして革を感じることはできるのか・・・こうご期待です!

トムフォードの香水タスカンレザーとは

もうご存じかと思いますが、「トム フォード」は人の名前です。

もともとファッションデザイナーであるトムフォードは、イヴサンローランやグッチでデザイナーとして活躍していました。

他にも映画監督をしたり、アメリカのファッション業界でいくつもの賞を受賞するなど、華々しく活躍している人物なんです。

そんなトムフォードが現在のブランド「トムフォード」を立ち上げたのは、2005年になります。

同ブランドの香水のラインナップの中にある「タスカンレザー(TUSCAN LEATHER)」は、革製品が好きなトムフォードの思いが込められた1品。

レザーのことを、動物っぽい香りとなめらかさで表現したそうです。

ジャスミンなどの花の香りとスエードの革を配合して作られた、他ではあまりない香りです。

まる子
まる子

革が入っている香水だ~ワクワク!

ちょっとだけ野性的な感じがしますが、どこかモダンな印象も感じられる香りだそうで、期待が高まります。

ムエットで香りを体験

トムフォードの香水のムエット

トムフォードの香水って、駅直結のショッピングビルのコスメコーナーにも一部置いてあるんです。

でもタスカンレザーの香りは、うちの近所のそういった場所ではお目にかかれず・・・。

大きい百貨店の「トムフォードビューティー」のブティックに行かないと無いとのことで、東京都の新宿区にある伊勢丹百貨店に行ってきました。

タスカンレザーの第一印象

店員さんにお願いして、ムエットにタスカンレザーを吹き付けてもらいました。

トムフォードの香水は以前にも他の香りを嗅いだことがあるのですが、その時は結構香り方が強い印象でした。

でもこのタスカンレザーは、ぐいぐい来る感じはありません。

しかも、なんだか懐かしいような、知っているような香りがする。

まる子
まる子

これ、本当に初めて嗅いだ香りだよね?

それが第一印象でした。

革製品を扱っているお店に入った時に、ふいに鼻をくすぐってくるような自然な感じの香りでビックリ。

嫌味や作り物感のない、自然体の革って香水で作り出せるものなのね。

ちなみに、トムフォードのこの香水のラインナップはシングルノートだそうです。

ですので、最初につけた時の香りから変化はあまりしません。

それでもつけたてはアルコールっぽさがありますので、つけて数分後から本来の香りが顔を出しますよ。

時間が経ってからの香りは

いただいたムエットを持ち帰ってから、再度香りを確認(つけてから約6時間後)。

そうすると、最初の頃よりもスモーキーさを感じました。

スモーキーで甘さがあって、なんだかセクシーです。

暖かい季節よりも、空気が冷たい秋や冬が似合いそうな、重たさのある香りだと思いました。

実は私、甘い香水が得意ではないので、近くで嗅ぎ続けていたらちょっと酔い気味です(汗)

タスカンレザーを身にまとう際は、つけすぎないようご注意を。

まる子
まる子

少量で結構香ります。

香りからイメージできたのは、レザージャケットをはおった、髭のある年上の男性(それトムフォードか)。

シチュエーションで言えば、外で煙草を吸ってきた後、ジャケットを着たまま抱きしめられた瞬間ですね。

ドキドキする香りです。

話の流れで分かっているとは思いますが、このタスカンレザーは男性向けです。

女性にはちょっと野性味がありすぎて、似合わないかな。

一般的に言われている女性向けのセクシーな香りとは方向性が違う、男性としてのセクシーさを感じさせる香りです。

まとめ

トムフォードの香水「タスカンレザー」の香りをご紹介しました。

本当に革が使われている香水って数少ないので、今回お目(鼻?)にかかれて光栄でした。

わざわざ新宿まで出向いた甲斐がありましたよ。

香水を初めて嗅いだ時は、わりと自然な香りがするなぁと思ったのですが、時間が経ってからの香りはさすがトムフォード。

濃厚で奥深い、セクシーな革ワールドを味わえました。

結構甘さがある香りだったので、秋冬向けですね。

そこの男性のあなた、寒い季節になったら、このタスカンレザーを是非まとってみて下さい。

誰もが振り返るような、セクシーな男性になれること間違いなしです!

タイトルとURLをコピーしました