時計の革バンドとメタルバンド。両方持ってる私のおすすめは

その他の革関連の話

腕時計のバンド(ブレスレット)は色んな種類がありますが、中でも多いのは「革バンド」と「メタルバンド」の2種類ですよね。

この2つはけっこう見た目の雰囲気が違ってくるので、買う際にどちらを選ぶか悩む人も多いと思います。

私は腕時計は革バンドもメタルバンドも両方とも持っていますが、使っていて思うことも色々あります。

そこで今回は、実体験もふまえてそれぞれのメリットとデメリットを具体的にまとめてみました。

読めばあなたが使いたいと思うバンドが定まってくるはずです。

ぜひ、腕時計のバンド選びの参考にして下さいね!

時計の革バンドとメタルバンドの特徴

それでは具体的に、腕時計に使われる革バンドとメタルバンドについて、それぞれ説明していきますね。

革バンドは種類も雰囲気もさまざま

合皮のものもありますが、ここでは天然の動物の皮から作られたバンドを中心に説明していきます。

革バンドはワニ革や牛革で出来ている物が多いですが、珍しい革で出来ている高価なバンドもあります。

それぞれ動物の天然の模様があるため、選ぶ革によって色んな雰囲気が楽しめるのが良いところ。

売られている時計に元から付いている革バンドも良いのですが、好きな革バンドを付け替えると大変身することも♪

まる子
まる子

あなただけの時計になって、愛着が湧きますよ~。

メタルバンドはパーツで装着感が異なる

メタルバンドは、金属のパーツが繋がって出来ているバンドです。

パーツの大きさや組み合わさっているデザインが色々あり、それによって装着感が違います。

腕時計のメタルバンド

例えばパーツ数が少なくて1つひとつのパーツが大きければ、ガチっとした固めの装着感です。

パーツ数が多くてそれぞれのパーツが小さいものが組み合わさっているデザインの場合は、柔らかい装着感です。

それらとはまた別の雰囲気になりますが、メッシュのような編み方のバンドもありますよ。

それぞれのメリットとデメリット

それぞれの特徴がわかったところで、革バンドとメタルバンドのメリットとデメリットってどんな所なのかをお話ししますね。

革は水に弱いが軽くてオシャレ

まずは、革バンドのメリットとデメリットについて。

デメリットはこちらです。

  • 水気に弱い
  • 消耗が早いので定期的に交換しなくてはならない

水気に弱いのは、革が汗や水分を吸収するからです。

とはいえ、どうしても体内から出る微量の水分を吸ってしまうので、バンドの内側は色が変わってしまいます。

内側が変色した時計革ベルト

でもこれは使用には特に問題ないので、そこまでデメリットだと思ったことはないですね。

それよりも、バンドが激しく湿っておいたままにすることが問題になってきます。

そうすると生乾きのような臭いになったり、汗臭くなってしまいます。

バンドの内部まで染み付いた臭いの元を除去するのは難しく、新しいバンドへの交換が必要になってしまうことも。

普段の使い方としては、なるべく濡らさないように気を付けて、濡れた場合は早めに拭くようにしましょう。

また、革バンドは水分だけでなく使っていくうちに劣化しやすいので、定期的な交換が必要になってきます。

革せんせい
革せんせい

毎日使っている場合は、1~2年が交換目安となります。

すぐ交換しなくちゃならなくて面倒だと思うかもしれませんが、視点を変えればメリットでもあるんです。

それはバンド交換の度にデザインを変えることもできるので、時計の雰囲気に変化をつけて使い続けることができる、ということ。

腕時計好きな人の中には革バンドを何種類か持っている人もいて、服装や季節によって付け替えるんだそう。

春~夏は明るい色、秋~冬は落ち着いた暗めの色など、季節によってバンドを付け替えるのもおシャレですよね。

では続いて、革バンドのメリットはこうなります。

  • 軽い付け心地
  • 服装に引き締め効果あり
  • 金属アレルギーの人でも使いやすい

ほとんどの革バンドは金属よりも軽いので、着け心地が良く感じられます。

時計本体も大きすぎず軽い素材のものを選べば、腕に着けている感じが苦手な人でもそれほど気になりません。

それと、革バンドは服装をオシャレに仕上げてくれるワンポイントにもなります。

どちらかというと品の良い印象を与えるので、フォーマルな場所や大人っぽく仕上げたい時は革バンドが抜群の効果を発揮します。

カジュアルな服装の時でも外しすぎずに、コーディネートのまとめ役になってくれますよ。

私も黒の革バンドの腕時計を持っていますが、ジーンズにTシャツなどのラフな格好の時に装着すると一気に垢抜けるので、頼りにしています。

それと、金属アレルギーの人は革バンドなら安心です。

でも、留め具や時計本体の裏側には金属が使われていることも多いので、選ぶ際は細部までチェックして下さいね。

時計本体の裏側はフィルムを貼って対応することも可能なことが多いので、購入前にお店の人に相談してみるのがおすすめです。

メタルバンドは重いけど使い勝手が良い

次に、メタルバンドのメリットとデメリットについてお話ししていきます。

まず、メタルバンドのデメリットはこちら。

  • 重さがある
  • 使用中の傷が表面についているのが分かりやすい
  • 金属アレルギーの人は注意

重さについては、素材が金属なのでずしっとくる物もあります。

バンドの中が空洞になっているものだと軽いので、気になる人は実物を手に取って確認してみると安心ですよ。

使用中の傷については、革バンドに比べるとかすり傷などの筋がどうしても目立ってしまいます。

でも時計の修理店にお願いすれば、研磨して綺麗にしてもらうことができますよ。

ただ、表面を削っていくので徐々に金属が薄くなってしまうことになるため、あまり頻繁に行いすぎないようにご注意を。

金属アレルギーのある人は、腕に長時間バンドが密着することになりますので、心配であればメタルバンドは避けた方が良いですね。

チタンなどの素材によっては平気な場合もありますので、自分の体質によって選ぶようにして下さい。

そして、メタルバンドのメリットはこちらです。

  • 水気に強い
  • 長く使える
  • 色んな服装に合わせやすい

メタルバンドは水気に強く、水分でシミになったりヨレヨレになることがありません。

だから汗をかいたり、雨で濡れたりしても気にしなくて良いんです。

メタルバンドは水気に強いですが、時計本体がどれくらいの耐水性があるかは商品によって違います。
濡れる環境で使う場合は、予め本体の防水機能をよく確認しておいてください。

時計本体が防水機能のあるものならば、バンドを水洗いすることもできます(ダメージを防ぐために、時計本体にかかる水は最低限にしましょう)

それに、強い衝撃で変形するなどといった不具合さえ起きなければ、交換せずに何年も使えます。

スーツでもカジュアルな洋服でも合わせやすいのもメリットで、出番が何かと多いのはメタルバンドの腕時計。

私は就職祝いに買ってもらったメタルバンドの腕時計を、仕事でもプライベートでも10年以上愛用していました。

最後はバンドのつなぎ目の所が腐食して腕にさびが付くようになったため、それを機に使うのをやめたんですけどね・・・。

時計の修理店で「洗浄してもさびが付くのは解消できない」と言われ、それなら新しいメタルバンドに買い替えるべき、という結論に至りました。

でも、革バンドに比べたらかなりの期間を共にしてくれたことは間違いありません。

とりあえずの1本はメタルバンドで

ここまで革バンドとメタルバンドについて説明してきましたが、時計のバンドの選び方について、私としてはこう思っています。

  • とりあえず1本持っておきたい⇒メタルバンド
  • ちょっとオシャレな時計を持ちたい⇒革バンド
  • 予算的に余裕があるなら⇒メタル、革と1本ずつ持っておく

水気に強いことや、交換が不要で気兼ねなく使えるのはメタルバンドです。

なので、とりあえずの1本はメタルバンドがおすすめです。

でもデザイン的にはメタルバンドは個性が出しにくいので、他の人と差をつけたければ革バンドという選択肢になります。

ただ最もベストなのは、両方持っていて使い分ける方法。

革バンドを毎日使い続けると劣化が早いので、時々休ませつつ季節などにも応じて、メタルバンドの腕時計と使い分けるという方法がベストだと思います。

冬にメタルバンドを着けようとするとヒヤッと冷たいですが、革バンドは温かみがあるので平気。

そういった意味でも、革バンドは寒い時期の方が活躍するかも知れませんね。

決めきれない時はこんな選択肢も

ここまで読んでも、どうしても革とメタルのどちらにするか決心がつかない!ってあなたに朗報です。

時計本体は同じものを使って、自分でシーンに応じてバンド交換するという方法もあります。

ただ、自分で腕時計のバンドを付け替えるには、小さいバネを出し入れするための工具が必要。

私も工具を持っていて自分で替えることがありますが、その際に気を抜くとバネが勢いで部屋のどこかに吹っ飛んでいっちゃうこともあります。

そうなると腕時計にバンドが戻せないだけでなく、バネを探すのも一苦労(涙)。

まる子
まる子

ショック!!

つまりはお出かけ前にササッと交換、という訳にいかないんです。

でも最近では、工具なしでワンタッチでバンドを替えることができる腕時計も販売されています。

ワンタッチで替えられるというのは、時計本体にバンド着脱のレバーなどが付いていて、それを動かすだけでバンドが着け外しできるという仕組みです。

なので簡単に革↔メタルバンドの付け替えができちゃいます!

でもまだまだ数は少なくてデザインも限られてくるので、もしあなたが気に入る物があったら候補に入れてみて下さいね。

まとめ

腕時計の革ベルトとメタルバンドについて、それぞれのメリットやデメリットをお話ししました。

見た目やフォーマル性を重視するのか、それとも日常使いでじゃんじゃん使える方が良いのか、使うシーンによって好きな方を選んで下さいね。

革もメタルも両方持っているとより一層便利ではありますが、そこは予算の都合に応じて検討するようにしましょう。

私も最初はメタルバンドの腕時計1本から始まって、数年経ってから革ベルトの腕時計を買い足しました。

腕時計は、家族や恋人よりも長時間あなたにぴったり寄り添ってくれている大事な相棒かも知れません。

だからこそ、長く使えるお気に入りのベルトの腕時計をぜひ見つけて下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました